谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > オイルピット・オイルトラップに浮いている油の流下を防ぎたい

オイルピット・オイルトラップに浮いている油の流下を防ぎたい

油の拡散を防止する場合

オイルピットやオイルトラップ(油水分離槽、止油槽)は、本来、流れてきた油をそこに止めて、下流に流さないために設置されるものですが、実際には様々な原因から十分な効果が出ていないことも少なくありません。

油分濃度が高く、油が溜まりすぎているならば、掃除を励行することが大切です。

界面活性剤が混ざって乳化している油分に対しては絶対量を減らすべく、分解を促すくらいしか手はないでしょう。

油量と流速のバランスが悪い場合、たとえば、通常は油量も水量も少ないが、何かの折に油が多く流れてくることがあり、そこに多量の水が流れてくると、その水に乗って油が流れ出てしまう、というような場合には、あらかじめ油を自動的に吸着回収しておくことができれば、流下する油の量も激減しうるでしょう。
弊社では、不特定時期に流れてくる油の流下をとめ、かつ自動的に吸着するものとして「ロングキャッチ(LC)オイルフェンス」を御紹介できます。これは、水に長期間ひたしていても油がきたらそれを吸着回収できる強い撥水性(親油性)をもつ特殊な吸着材「LCライト」を利用した吸着型オイルフェンスです。
また、流れを複雑な乱流にかえて油を巻き込ませる緩衝材(エレメント)をオイルトラップの中に入れることで、流出を防ぐことができることもあります。
弊社では、既存のオイルトラップに簡単に取り付けることができて、劣化もめづまりもしにくく、メンテも簡単な、特殊なエレメント(特許取得)も御提案できますので、御興味のある方は御問合せください。

油を回収する場合

オイルピットやオイルトラップ(油水分離槽、止油槽)は、油が溜まりすぎないように清掃を励行することが大切です。
とはいえ、定期的な清掃が難しく、オイルピットの中にオイルマットを浮かべ続けておきたいこともあり、浮力が強く吸着量が多いオイルマットが必要なときもあります。
そのような能力に優れたものとしては微細繊維のオイルマットがあります。

パフィンオイルマット カタログダウンロード

さらに強力な浮力を必要とされる場合には粒状吸着材系のオイルマットも御紹介できます。

スミレイ製品群

オイルマットで吸着回収させるのではなく、「スキマー」という機器で機械的に吸引回収する方法も下記のような場合には有効です。

  • オイルマットの取り替えが難しい、または省力化したい場合
  • オイルマットでは吸着しにくい場合(油が多く不純物が混入しているなど)

但し、これまでは「油をおおまかに回収するが、油膜は回収できない」ベルトスキマーか「吸引口の近く(数cm)にきた油膜は水と一緒に吸い込む」吸引型スキマーのいずれかでした。
弊社では、厚い油層から薄油膜まで吸引出来る吸引型スキマーを開発しました。この「バルカスキマー」は、縦横1m未満、深さ0.1m程しかない場所でも使え、直径40cmのマンホールを通して地下貯水櫓に降ろして使うこともできます。また、1~2m晴れた油を吸い寄せることもできます(無風状態)。

トップページに戻る