谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > 状況別対応チャート > 水に浮いた油を止めたい場合 > 流出した油の量も多く、流れもある(秒速15~20cm以上)場合

流出した油の量も多く、流れもある(秒速15~20cm以上)場合

このような場合、どのようなオイルフェンスであっても、ただ漫然と張るだけでは、油の流下拡散を止めることは困難です。
エントレインメント現象(下記コラム)」により油玉がオイルフェンスの下を潜り抜けるからです。
油を止めるには、下記のようなテクニックが必要です。

  1. 流れの緩やかな地点を選んで展張する。(心理的には川幅の狭い箇所や水深の浅い箇所に展張したくなりますが、そのような場所は流速が速いので展張箇所としては不適当です。)
  2. オイルフェンスは斜めに鋭角に張る。(斜展張)
  3. 1段目のオイルフェンスのやや下流側に2段目(あるいは多段に)のオイルフェンスを平行に張る。(多段展張)
  4. フェンスの上流側で油膜が厚くならないよう、また反射波をできるだけ抑えるよう、常にオイルフェンスの上流側にセッターマットを浮かばせておく。(バルクマットは浮力が弱いので、緩やかな流れの場合でも、マット自体が流失して二次災害になる危険があります。)

注:オイルマット(油を吸着するマット)のうちで、特に浮力と吸着力が強いものを「セッターマット」と呼び、吸着量の多さに特色をもつ「バルクマット」とは区別します。両者は使用方法が全く異なります。(詳しくは「水面に浮いた油を除去したい場合」ページのコラムへ)


コラム

【「エントレインメント(entrainment)」現象】

河川などの水面に浮かんだ油の流下がオイルフェンスで止められるているときには、同時に水面近くの水流もせき止められ、オイルフェンスの前後に乱流や小さな渦巻きが発生します。軽油、灯油、A重油、作動油、エンジンオイル、ガソリンなどの粘度の低い油の場合には、油がこの乱流や渦巻きにより水中に引き込まれて、小さな油玉になって漂い、その油玉がオイルフェンスの下を潜り抜けていきます。

このentrainment現象はフェンスの上流部に浮いている油量が多いほど、また風などによる波が大きいほど起きやすくなります。しかし最も影響するのは「対オイルフェンス直角相対流速」(左図※)です。
これは、いわゆる「流速」のうち、オイルフェンスに対して直角に作用するベクトル成分であり、左図との関係で次式で算出されるものです。

対オイルフェンス直角相対流速 = 流速 × sinθ

たとえば、毎秒30cmの流れに対してオイルフェンスを岸との間で30°の角度で展張すると「対オイルフェンス直角相対流速」は毎秒15cmとなります。
そして、この「対オイルフェンス直角相対流速」がおよそ毎秒20cm(=時速700m=0.4ノット)を越えると、ほとんどのオイルフェンスでは漏洩が始まります。(なお、漏洩が目視で明白になる流速は、もう少し大きな値です。)

但、喫水が浅いオイルフェンスと深いオイルフェンスでは、こまかな現象の違いがあります。
喫水の浅いオイルフェンスでは、水面近くでも流れが速く、そのせんだん力によって油層が油滴に引きちぎられてオイルフェンスの下を潜っていきます。他方、喫水の深いオイルフフェンスは水面の流れを遅くすることができるので、せんだん力はあまり働きません。しかし水面近くに作られた遅い流れと、水底の速い流れの間の圧力差により、水面から水底にむかって深い渦が発生します。油はその「渦」に巻きこまれて水中に引き込まれ、オイルフェンスをくぐり抜けてしまうのです。

従って、上記のようなテクニックが必要となるのです。

このとき使用するオイルフェンスとしては、およそ毎秒40cmまでの速めの流れの場合には、軽量なブーム型オイルフェンスが、多段展張も迅速にでき最も少人数で対応しやすいので、便利でしょう。
このようなものとしては、スミレイオイルフェンスがあります。
他方、それ以上の流速に対しては、速い流れに対する防除力を特に強化したタイプを試してはいかがでしょうか。そのようなものとしては、ラピックオイルフェンス(rapic oil fence)があります。

スミレイオイルフェンスの製品ページはこちら ラピックオイルフェンスの製品ページはこちら スミレイオイルマットの製品ページはこちら スミレイ製品の資料請求ページはこちら ラピックオイルフェンスの資料請求ページはこちら

【水に浮いた油を止めたい場合】のページへ戻る

トップページに戻る