谷口商会株式会社
文字サイズ
  • S
  • M
  • L
状況別対応チャート

HOME > 屋外路面・屋内床面における液体の拡散防止と回収

屋外路面・屋内床面における液体の拡散防止と回収

油などの液体がこぼれた場合は 吸着回収処理をすることが基本です。
このとき基本的には屋外路面では粒状吸着材を使い、屋内床面ではオイルマットを使います。
(ちなみに、念のために申し添えれば、大雨のときには屋外路面でもオイルマットを使うこともありますし、特にきれいに回収したいときは、屋内床面でも粒状吸着材を使うこともあります。)

屋外路面において、粒状吸着材をまいて液体を吸着させ、その後、その吸着材をデッキブラシなどで掃きとって、路面の液体を回収する、という一連の作業は面倒そうにも見えます。しかしそれでも粒状の液体吸着材を使うほうがよい理由は以下の3つです。

  1. 屋外路面の表面には通常 細かな凹凸があります。オイルマットでは細かなくぼみにたまった油をうまく吸着回収できません。粒状吸着材はくぼみの中にまで入り込んできれいに回収できます。
  2. 屋外で液体がこぼれたときはまず周囲をすばやく囲んで液体が側溝や小河川に流れ込まないようにしなければなりません。(路面にこぼれた油や有害液体が河川などの水域に拡がると水棲生物が死滅したり 取水制限されたりすることもあります。回収する手間も費用も10倍以上に増えます。 )
    このとき粒状吸着材であればすばやく土手が作れるので対応しやすいのですが、オイルマットだと 風で飛ぶ 上記の路面の細かな凹凸に追随できないなどの理由から対応が難しいのです。
  3. オイルマットの場合 きれいになったようにみえても 路面の表面にうっすらと油が残ります。そこに雨などが降るとスリップしやすい路面になります。他方、性能のよい粒状吸着材は「吸い残し」を残さないので、安全性に大きな差がでます。

その中でも、防火性能もあるセラミック系粒状吸着材は安全性が高く、高速道路でもスタンダードに使用されています。そのようなものとして、ここでは「ACライト」(液体一般の吸着回収用)および「LCライト」(油などの疎水性液体の吸着回収専用)を御紹介いたしております。

ACライトLCライト 資料請求

他方、屋内床面ではオイルマット等のマット類を使うほうがよい理由は以下の3つです。

  1. 建屋の中でほこりがたつとコンタミネーションが発生しやすくなったり、機械類に悪影響を及ぼしたりする懸念があり、こなだちを避けるために粒状吸着材を避ける。
  2. 「ほうき」と「ちりとり」を必要とする粒状吸着材よりもマット類のほうが手軽に使える。
  3. 床だけでなく、壁面についた油も拭きとることができ、兼用できる。

屋内用のマットとしては、目の細かな不織布で作られたタイプがコスト面からもメリットがあり、多くの工場や事業所で使われています。
当社では予防用と対処用、油専用と液体一般用など、色々と機能が異なるものをとりそろえております。

スピルファイター

トップページに戻る